忍者ブログ
コミックマーケットC78  8/13(金・1日目) 東5 パ-46a  MURASAMA Factory
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 前回はなのはさんのおおざっぱな能力傾向について解説しましたので、今回は個別の技について見ていきます。
 なんせ砲撃魔導師という性格上、普通の剣士と比べると分かりにくい技が多く、解説もかなりの量になってしまいましたが、どうか最後までゆっくりとおつきあいください。

まずは遠距離戦からはじめよう
 なのはさんは遠距離戦用の強力な砲撃魔法を3つ持っています。スターライトブレイカーex、エクセリオンバスター、ディバインバスター・エクステンションがそれにあたり、いずれも高い威力を持ち、またカートリッジを大量に消費する点が共通しています。
 そのためこの3つの技は似たような技という印象を持たれがちで、どう使い分けたらいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。そこでこの3つの砲撃の性能差を見てみることからはじめましょう。

☆ディバインバスター・エクステンション
上段突き属性。カートリッジ2発消費。砲撃の中では一番威力がありませんが、遠距離技の中で唯一バスターモードで撃てる技です。遠距離戦では基本的にエクセリオンモードでいることが多いのであまり使う機会はありませんが、近距離戦を挑む前の仕込みとして、あるいは近距離からの離脱直後などに、カートリッジ消費の少ないこの技が役に立ちます。
また、射程が長いため「遠距離でうしろに跳んだ相手を射抜く」という能力があります。要するに敵の回復行動(55ページ)を阻止できるということで、なのはさんの前でうかつにバックジャンプした相手は地獄を見ることになるでしょう。

☆エクセリオンバスター
下段サイドスイング属性。カートリッジ2発消費。これといった特徴はありませんが、エクセリオンモード時のメイン火力であり、バレルショットとエクセリオンバスターの二択を迫るのがなのはさんの主戦術のひとつです。
イメージ的には「射程が短い代わりに横幅があり、横にかわしにくい」と覚えておくといいでしょう。

☆スターライトブレイカーex
上段サイドスイング属性。カートリッジ5発消費。実質的にカートリッジ全弾消費の最終兵器であり、必殺必倒の一撃です。エクセリオンバスターと同等の横幅を持つ幅広ビームでありながら、ディバインバスター・エクステンションと同様に、うしろに跳ぶ相手を射抜く能力を持っています。
とはいえカートリッジの消費や次の行動制限が非常に大きく、当てるにはなかなか難しい技です。慣れないうちは「見せ技」と割り切って、たまに使って相手を威嚇する程度でいいかもしれません。

☆バレルショット
命中すると相手を2ターン拘束(茶か移動しかできなくなる)するバインド魔法。ある意味なのはさんの遠距離戦で最も重要な技です。というのも、遠距離でカートリッジの消費なしに撃てる魔法はバレルショットだけだからです。
とにかくなのはさんの遠距離戦は猛烈な勢いでカートリッジを消費しますので、こまめな再装填がかかせません。装填を読まれてしまうと大ピンチですが、バレルショットがあることで、常にバレルショットを含めた三択を相手に迫ることができます。とはいえ、カートリッジを使わないからといってあまり連打するとかえってバレルショットを狙われてしまいますので、そのあたりはバランスよく作戦を組み立てましょう。

☆スフィアチャージしながら接近
なのはさんが積極的に近距離戦を挑むメリットは少なく、自ら接近する必要はないのですが、スフィアがフル装填された状態ならば近距離戦でも十分強いです。相手から寄られて近距離戦に持ち込まれるくらいなら、スフィアをチャージしながら自分から寄っていったほうがずっとましです。
相手はおそらくなのはさんが遠距離を保ちたがると思っているでしょうから、裏をかく意味でも、たまに接近するのは有効です。なのはさんには近距離から遠距離に突き放す技がいくつかありますので、あえてこの行動で接近戦に持ち込み、スフィアを使い切った頃に遠距離に逃げればいいのです。

近距離戦だってこなせる
 なのはさんは近距離戦があまり得意ではありませんが、だからこそ近距離戦を凌ぐための戦術をちゃんと組み立てておく必要があります。遠距離ではカートリッジだけを気にしていればよかったのですが、近距離ではディバインスフィアが生命線になります。常に残弾を意識して戦うことを忘れないでください!

☆フラッシュインパクト
杖でぶん殴る。(ワイルドスイングを別にすれば)なのはさん唯一の打撃攻撃です。とはいえ威力は低く、隙は大きめと、いまいちな技です。ないよりはずっとましですが、他にとれる行動がないときの予備武器くらいに考えておいたほうがいいかもしれません。

☆ディバインシューター各種
なのはさんの近距離戦を支える重要な技。
「ディバインスフィアチャージ」を行うとスフィアが5発に補充され、このスフィアを消費して「シュート」を撃っていきます。スフィアを大量に消費するほど威力は上がり、シュート1なら1発、シュート3なら3発のスフィアを消費します。アクセルシューターのみ例外で、その時点でのスフィアの残弾数を全部消費して攻撃します。
とにかくスフィアがなければなのはさんの近距離技が5つ封印された状態になってしまうわけで、相手に行動を読ませないという点でも、常にスフィアがある状態にしておくべきです。
なのはさんの近距離技は比較的重めで行動制限がきつい技が多いのですが、ディバインシューターだけはかなり行動制限が軽くなっています。威力こそありませんが牽制技としてディバインシューターはとても優秀ですので、スフィアをケチらずに積極的に撃っていきましょう。

☆ディバインバスター
フラッシュインパクトとディバインシューターの威力が低すぎるため、どうしても近距離戦での火力はディバインバスターに頼ることになります。つまり「いかにしてディバインバスターを当てるか」がなのはさんの近距離戦術の核ということです。
バスターの技番号は6、上段突き属性です。6は優秀な技ですので適当に撃っても当たることはあるでしょうが、慣れた相手にはそうそう通用しません。こうなると読み合いですのでアドバイスはしにくいのですが、ディバインシューターによる下段攻撃を織り交ぜていって二択三択を迫るのが常道です。ということで、結局はスフィア管理が大事という話に戻ってくるわけです。
なおディバインバスターは命中時に特殊処理があります。「ダメージ適用」→「その後に」→「両者57ページへ飛ぶ」という異例な処理ですので注意してください。相手はディバインバスターによるダメージ(体力減少)は普通に受けますが、そのダメージページの行動制限は57ページの行動制限に上書きされますので、両者共に行動制限のない状態で仕切り直しになります。

☆エクセリオンバスターA.C.S.
近距離版スターライトブレイカーとでもいうべき必殺技。威力も相応ですがカートリッジ消費も相応で、かなり使いにくい技です。戦況に余裕があるならダメ押しに使ってもいいでしょうが、とりあえずは忘れておいてかまわないでしょう。
一応36ですので盾破壊効果があります。盾持ちの相手にはそこそこ多用していいかもしれません。

☆プロテクションパワード
単なる盾防御と思うなかれ、実はなのはさんの近距離戦を支える重要な魔法です。
プロテクションパワードが相手の攻撃を止めるとそこからバリアバーストに派生し、バリアが爆発して両者を跳ね飛ばします。つまり「防御が成功すれば遠距離になる」というこの技は、カートリッジ消費1というコストこそありますが、近距離戦を避けたいなのはさんにとっては一石二鳥の効果を持ちます。
体勢が悪いとき――たとえばカートリッジやスフィアの残数が尽きそうなとき――にこそ、遠距離へ逃走できるこの技が光ります。いざというときにプロテクションパワードが出せないことのないように、常に1発はカートリッジを残しておきましょう。

☆レストリクトロック
バインド魔法。バレルショットの近距離版ですが、バレルショットと違ってダメージはゼロです。とはいえヒットすれば非常な有利を得られることに変わりはありません。ちなみに34はもともとキックの技番号ですので、狙いにいくときにはそのあたりを考慮するといいでしょう。
エラッタ:レストリクトロックにエラーがあります。37ページ(行動説明のページ)ではレストリクトロックは1ターン持続となっていますが、11ページでは2ターン持続となっています。11ページのほうが正しく、レストリクトロックの拘束時間は2ターンです。読み上げるコメントの通りにしてください。

☆フラッシュムーブ
高速移動で相手の背後を取る技で、成功すれば丸々1ターンもらったも同然の有利を得られます。見ての通りの下段攻撃判定で、それなりの成功率も持っていますので、封印してしまうにはもったいない技です。
レストリクトロックとフラッシュムーブはどちらも攻撃力のないサポート魔法ですが、機動の重いなのはさんの近距離戦を助ける大事な技です。また、カートリッジとスフィアの残弾がなくても、あるいはデバイスのモードが何であっても使用できるというメリットがありますので、いざというときの切り札でもあります。多用できるほど強い技ではありませんが、常に頭の片隅に置いておきましょう。


 技の個別解説はこんなところです。
 なのはさんが勝つには結局のところ砲撃を当てるしかないわけですが、そのためにこそ、ディバインシューターやレストリクトロックといった牽制技・サポート技を織り込んでいく必要があり、それがなのはさんの戦略ということになります。
 続く第3回ではその戦略についてみていこうと思います。
 それではまた。

  第1回へ
  第3回へ
  Q&Aへ

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Author
HN: 改
HP: MURASAMA Factory's
Recent Comment
[05/17 Backlinks]
[09/12 NPCさん]
[08/31 NPCさん]
Message to KAI
name と mail は必須ではありません
TYPE-MOON

天体戦士サンレッド

P3
忍者ブログ [PR]